2011年09月13日

StealthAudioPlayerのホットキー操作

先日記事に書いた、導入したばかりの音楽プレイヤーソフト:StealthAudioPlayerですが、大変音が良く当分使いそうなので少し使い勝手を良くしようと試してみました。
私と同じPC初級者の方向けの記事です。

このソフトはグラフィック・ユーザー・インターフェース(GUI)がなく、一時停止や次の曲などの操作は、ソフトをインストール(?)すると入っている、バッチファイルというものを使うことになります。
私の場合は6個あるバッチファイルをデスクトップに貼り付けて、それぞれやりたい操作のファイルをダブルクリックしていました。
今回はこの操作をキーボードでやってみようというものです。

同じくこのソフトにはStealthAudioPlayer_AutohotkeyというAutohotkey Scriptが入っています。
これを使うにはAutoHotKeyをインストールする必要があると思います。ここからダウンロードできます。
http://www.autohotkey.com/download/

さて、プレイヤーソフトのスクリプトファイルを右クリックでEdit Scriptを選ぶと下のようなメモが表示されました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

; This is a AutoHotKey script to assign StealthAudioPlayer control actions
; To keyboard media keys Play_Pause,Next,Prev,Stop

Media_Play_Pause::
Run "D:\\DOWNLO~1\\STEALT~1.0\\StealthAudioPlayer.exe" Pause
return

Media_Stop::
Run "D:\\DOWNLO~1\\STEALT~1.0\\StealthAudioPlayer.exe" Stop
return

Media_Next::
Run "D:\\DOWNLO~1\\STEALT~1.0\\StealthAudioPlayer.exe" Next
return

Media_Prev::
Run "D:\\DOWNLO~1\\STEALT~1.0\\StealthAudioPlayer.exe" Prev
return


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

このスクリプトは、どうやらキーボードの“media key”用のもので、私のオーソドックスなキーボードでは操作できません。
なお、Run "D・・・のDは私のPCではプレイヤーのファイルがDドライブに入っているということですね。蛇足ながら・・。
それで、AutoHotKeyで検索すると上の方に出てくる詳しい説明のサイトを参考にスクリプトを少しだけ変えました。でもこのサイトは初級者の私には難しくてほとんど理解できませんでした。
ただ、このソフトがいろいろなことが出来るであろうことはわかりました。いつか理解できるときが来るのでしょうか・・。

私は以下のようにスクリプトを変えました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

; This is a AutoHotKey script to assign StealthAudioPlayer control actions

^down::
Run "D:\\DOWNLO~1\\STEALT~1.0\\StealthAudioPlayer.exe" Pause
return

^up::
Run "D:\\DOWNLO~1\\STEALT~1.0\\StealthAudioPlayer.exe" Stop
return

^right::
Run "D:\\DOWNLO~1\\STEALT~1.0\\StealthAudioPlayer.exe" Next
return

^left::
Run "D:\\DOWNLO~1\\STEALT~1.0\\StealthAudioPlayer.exe" Prev
return


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

書き換えたら保存します。
これは、
Ctrl+↓  Pause
Ctrl+↑  Stop
Ctrl+→  Next
Ctrl+←  Prev
という操作をするためのものです。

見ればすぐわかるように、少ししか変更していません。
ここは人それぞれでいろいろな設定ができますね。
そして、ここでは4種類の指示しか出していませんが、バッチファイルは6種類あるわけですから、試してはいませんがあと2つ追加できるかもしれませんね。

あと、便利なようにこのStealthAudioPlayer_Autohotkeyファイルをデスクトップに貼り付けました。
StealthAudioPlayerを使う前に、貼り付けたスクリプトファイルをダブルクリックして起動させる必要があります。PCの起動と一緒にというのもありなのかもしれません。
それからスクリプトを書き換えたので、スクリプトアイコン(AutoHotKeyアイコン)を右クリックでReload This Scriptをしておきます。

これで完了、キーボードで操作できるようになりました!ずいぶん快適になりました。
それにしても、今の私にはこれが限界だと感じました。AutoHotKeyが触れるような人なら何をくだらないこと書いてるんだと思われることでしょうが、PCオーディオ人口も増えてきて私のようなPC初級者もStealthAudioPlayerを使うのが少しでも便利になればいいな、と思い書いてみました。
posted by kenn at 23:38| Comment(4) | PCオーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
私も最近SAPの存在を知り、
使い始めたばかりだったので参考になりました。
謝謝 :-)
Posted by えんがわ at 2011年09月15日 01:23
えんがわさま、はじめまして。
どこまで参考になったのかは自信がありませんが、
お役に立てたならば嬉しく思います。
コメントありがとうございました。
Posted by へのん at 2011年09月15日 05:22
あたまいいっすね。
このプレイヤー
家だとコピー時間が結構あって
音がしっとりしてるので
アナログレコードをかける感覚で
聴いてます。

MP3もデコードしますと
他のプレイヤーと段違いに
ええ音します。

これ、やらしてもらいます。
参考になりました。
感謝。
Posted by 音痴 at 2011年11月02日 15:22
音痴さま
こんな地味なブログにコメントいただけること、ありがたく思います。
アナログレコードの感覚! それだけ本格的に味わえる音ということですね。
ホントにこのプレイヤーは良い音ですね。今のところ他には行けないくらいです。
是非、このホットキー操作やってみてくださいませ。
たぶんこのソフトの制作者さんもこの操作を前提にされていると思いますし。
自分としては偶然うまくいってしまったことを記事にした感じですので、それがお役に立てるなんてとても嬉しいです。
コメントありがとうございました。
Posted by へのん at 2011年11月02日 22:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。